まず柏市に住んでいる方に向けて家族葬とは何かをご紹介します

人が亡くなったときはお別れを行うために、お葬式を残された家族や親族が行います。故人と親しかった友人や知人、会社の人など会葬者を招いてお別れの儀式を行います。この葬儀にも種類がたくさんあって会葬者を招いて行われる一般葬や、会社や団体が代表になって行う社葬や団体葬、亡くなった人を荼毘に付して儀式を行わずに遺骨を埋葬する直葬、遺骨を海にまいたり木の下に埋葬する自然葬など葬儀の規模や種類によって、柏市でもいろいろな葬儀が行われています。最近特に注目を浴びているのが家族葬と呼ばれている、葬儀の形になります。この葬儀は会葬者を呼ばず故人の家族や親族だけで行われる、葬儀の形になります。葬儀のスケジュールに追われることがありませんので故人を思い出しながらゆっくりとした時間の中で、あげることができる葬式の形になっています。

家族や親族だけで行われるお別れの儀式

現代では長寿高齢化に伴って自分が亡くなった時には、周りの友人や知人が先に亡くなってしまっているということが少なくはありません。考えてみたときに自分が亡くなった時に会葬者が極端に少ないだろうという人たちも柏市には多くいます。そんな場合執り行われているのが、家族葬になります。今までは亡くなった時に、お世話になった人や友人知人に亡くなったことを連絡して会葬をしてもらってお別れを行う一般葬が多く執り行われていましたが、このような長寿高齢化の影響もあって現在では家族葬を行う人が柏市では主流になっています。この葬儀は亡くなったことを家族や親族以外告知しませんので、会葬者もありません。ですから少ない人数で故人を見送る儀式です。故人の家族も会葬者への挨拶や案内など省略できることも多く、また身内の知った人ばかりでの葬儀になりますので、落ち着いた雰囲気で葬儀を上げることが可能になっています。

葬儀後にお別れの会を行うことも

この家族葬は友人や知人その他お世話になった人に亡くなったことを告知しないで執り行われます。ですから葬儀の後で問題が出てくることもあります。亡くなったことを知った知人や友人が、葬儀の後で家へ弔問に続々と押しかけてくるとか、どうしても会葬して最後のお別れがしたかったという人たちが、なぜ亡くなったことを知らせてくれなかったのかと問いただされることもあります。このような葬儀後の問題に対処するために最近では葬儀を行った後で、友人や知人、お世話になった人を招いて故人のお別れの会を行う人たちも、柏市では多くなってきています。この会を行うことで葬儀が終わった後の問題も解決します。この葬儀を専門的に扱っている葬儀業者もいて、いろいろなプランを家族や親族に提案しています。