家族葬は、一般的な葬儀よりも少人数の家族、親戚、ごく親しかった友人知人といったグループだけで行うスタイルの葬儀となります。しかし、葬儀の基本的な手順、流れについては、実は一般的な葬儀とあまり変わりがない部分も多いものです。こうした手順、流れについては、特に地方の農村部などでは、かなり個性的であって、他の地域とは大幅に違いがある場合もあるものですが、柏市で執り行うのであれば、世間的な常識の範囲内と考えても特に問題はありません。そうはいっても、葬儀で喪主になるのは初めてという人にとっては、やはりひととおりは手順、流れといったものを調べてみて、頭のなかに入れた上で、本番の葬儀に臨むというのが、もっとも必要とされることであるといえるでしょう。

葬儀がはじまるまでの準備について

柏市での家族葬とはいっても、まずは葬儀の前に、家族などが亡くなった段階から、さまざまな準備をしなければなりません。病院で亡くなった場合は、まずは医師から死亡診断書を受け取ることになります。これには役所への死亡届の様式も添付されていますので、追って役所への届出も必要です。その際、葬儀社や菩提寺、その他親戚などの関係者への連絡も行うことになります。次に、遺体を病院から搬送しなければなりませんが、これは葬儀社に依頼をすれば手配をしてもらえます。大事なのは、安置場所をどこにするかですが、自宅であれば布団を用意するなど、ふさわしい場所を整えておかなければなりません。葬儀社で霊安室のようなものを確保できる場合もあります。遺体を安置した跡には、枕飾りを霊前に置きますが、これも葬儀社での手配となります。

実際の葬儀にあたっての手順や流れ

ひととおりの事前の準備が終われば、葬儀社との綿密な打ち合わせを行います。ここで日程や喪主、家族葬のプランなどを決めますが、内容が決まれば柏市内の葬儀に参列を呼びかける親戚、友人などへの連絡を入れることになります。実際の通夜では、遺体を思い出の品々や生花とともに納棺するとともに、僧侶による読経や焼香などを行います。この後は通夜ぶるまいとして、食事を提供するのが一般的といえます。次の日の告別式では、やはり僧侶による読経、焼香があり、最後に遺族を代表して喪主が挨拶をするのが通例です。その後は霊柩車で火葬場へ向かい、火葬、骨揚げというのがだいたいの流れになります。火葬場まで同行するのは、参列者全員というよりも、家族や親族だけという場合が多いようです。