柏市で家族葬を行って個人とのお別れをする人たちが多くなってきました。葬儀業者でも多くのプランを作って、いろいろな人たちのニーズにこたえています。この葬儀が多くなってきた理由は、リーズナブルな費用で行うことができる点、家族や親族の数にもよりますが大きな会場がいらない点、一般葬のようにスケジュールに追われてしまったり、会葬者の対応をしなくてもよい点などがあげられます。最近ではなくなった人が生前にエンディングノートを書き記していて、家族葬をするようにと書く人も多くなってきています。親しい家族や親族だけでおこなわれる葬儀は、メリットもデメリットもあります。これらのことを踏まえながら柏市で自分たちにあった葬儀を行うための、ポイントになることを説明していきます。

身内だけで思い残すことなくお別れできる

家族葬のメリットは身内の家族や親族のみで葬儀が行われますので、誰にも気を使うことなく自分たちなりの送り方ができる点です。生前に個人が望んでいたお別れの仕方があれば、それを実現することも可能です。一般の会葬者がいませんので、会葬返礼品も必要としませんので安く葬儀を行うことができます。会葬者がいないと受け付けも必要ではありませんし、会葬者をお迎えする作業もありません。ですからスケジュールが非常に楽になります。スケジュール的なことがありませんと非常にゆったりとした時間の中で、思う存分故人とお別れを行うことができます。周りにいる人はすべて知り合いになりますので、思い出話をしながらでも故人を送ることができます。この葬儀を成功させるためには、故人がなくなったことを告知しないということが重要です。

葬儀の後が大変にならないように

なくなったことを告知しなければ会葬者は来ません。この葬儀のデメリットは、葬儀後にあります。柏市でこの葬儀を行って葬儀が終わった翌日、あるいは近日のうちに故人がなくなったことを知った人たちが続々と弔問に自宅に訪れてくるということです、さらには告知をしなかったことによって、故人と親しくしていた人が一言でもなくなったことを教えてほしかったと、問題になることもあります。この葬儀をうまく行うポイントはどのような人までなくなったことを、知らせるかにあります。故人の親しい友人や知人には告知をしても、私たちは家族葬を行いますので会葬はご遠慮願いますと、丁寧に説明を行ってください。そうすれば葬儀後の問題も出てこなくなります。このような問題点を解消するために葬儀後に、改めてお別れの会を行う家族もいます。